Return to site

ホクレアとは?

太平洋の真ん中に、ぽつんと浮かぶハワイ諸島。

世界で最も孤立したその島々に、

最初の人が辿り着いたは、

今から1300年ほど昔のことだといわれています。

海図もコンパスもない時代、

人々は一体どのように遠く水平線の彼方の島を見出したのでしょうか。

ホクレアは、星や月、波や風などを観察し、

読み解きながら、大海原を進む知恵や技術を現代に甦らせた船です。

〈ホクレア〉はハワイ語で「喜びの星」。

hōkūは「星」、leʻaは「喜び」を意味します。

2007年、
“One Ocean, One People”
(ひとつの海でつながれた、ひとつの民)

というテーマのもと、
ホクレアは、ハワイからミクロネシアを経由して日本へ、

約1万3千キロ、5ヶ月間の航海を行い、

歴史を塗り替える偉業となりました。

ハワイ- 日本航海の後、

ホクレアは3年間かけた世界一周の航海に出航しました。

世界中で新たな物語を生み出したホクレアは、

2017年6月、ハワイに帰港予定です。

世界航海の様子は、ホクレア公式サイト(英語)に、

写真や映像、航海のトラッキングマップ、

教材として使える資料など、充実の内容でアップされています。

http://hokulea.com

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly